>

キット契約と年間保守契約

印刷する枚数が少ない会社

キット保守契約を交わしたら、次にインクカートリッジやドラムをセットで購入します。
ドラムとは、インクを用紙に押す役割を担っている部品のことです。
この2つがなければ、コピー機で印刷ができないというのを忘れないでください。
そしてインクがキット保守契約では非常に重要なカギを握っており、インクがなくなるまでが契約の期間と決まっています。
もしインクがなくなっても契約を続けたいなら、もう1回セットを購入してください。
購入することで期間を延長できます。

印刷枚数が少ない会社ならインクが簡単になくならず、長く保守契約を継続できます。
あまりコピー機を使わないけれど、スポット保守契約では心配な会社は、キット保守契約を選択してください。

メーカーと契約をする

コピー機を購入したメーカーと、契約を交わすことができます。
それを年間保守契約と言い、最初の1年の料金は無料です。
契約時から1年ごとに更新し、最長で5年の契約を交わせます。
年間保守契約を交わしていれば、コピー機が壊れた時に無償で修理をしてもらえます。
ただし消耗品は自己負担になるので、費用をきちんと用意しましょう。

年間保守契約には注意点があり、純正でないインクを使った時に不具合が起こった時は、無償での修理ができません。
そこで万が一のことを考え、常に純正のインクを使いましょう。
年間保守契約を交わせるのは1回だけで、契約を終了してから再び契約をしたいと言ってもできません。
そのため、解約する時はよく考えましょう。


この記事をシェアする