コピー危機が壊れた時のことを想定しよう

会社によって、コピー機の使用頻度が変わります。 それぞれでふさわしい契約が異なるので、まずは違いを把握してください。 迷った場合は最も一般的な、カウンター保守契約を選択するのが良い方法です。 万が一の時に助かるので、どんな内容でも保守契約は交わしておきましょう。

キット契約と年間保守契約

インクやドラムといった部品を最初に買うのが、キット契約です。 そしてコピー機のメーカーと直接契約を交わすことを、年間保守契約と呼んでいます。 それぞれにもメリットがあり、向いている会社があります。 場合によっては、カウンター保守契約よりもお得かもしれません。

新品と中古どちらのコピー機を買うのか

会社にコピー機を導入する時に、中古が良いのか新品が良いのか悩む人が多いようです。 中古は購入費用が安く済みますが、保守契約を結ぶ場合は料金が高くなります。 全体で見ると、新品を買った方がお得に済むかもしれません。 なぜ中古だと料金が高いのか、調べていきましょう。

おすすめの契約とは

最も一般的な種類は、カウンター保守契約となります。
これは毎月基本料金が発生し、1か月に使った紙の印刷枚数分の料金が発生します。
仮に1か月で1回もコピー機を使っていなかった場合でも、基本料金は発生すると覚えておきましょう。
コピー機の使用頻度が少ない人は、スポット保守契約がおすすめです。
こちらはカウンター保守契約と異なり、毎月の基本料金が掛かりません。
コピー機に不具合が起こった時だけ、修理してもらうサービスになります。

キット契約という種類があり、こちらは契約した時にインクカートリッジとドラムという部品を購入します。
そしてインクがなくなるまで、修理代金や消耗品の代金が無料になるという内容です。
印刷する枚数が少ない人はインクの消耗も少なく、長く保証を受けられるのでお得でしょう。
最後は年間保守契約で、コピー機を扱うメーカーと直接契約を交わすことが大きな特徴です。
コピー機を導入した最初の1年は無料になることが多く、1年ごとに更新します。
修理費は掛かりませんが、消耗品は自分で購入しなければいけないので気を付けましょう。

中古で買ったコピー機を会社で使っている時は、どの契約でも料金が新品より高くなると思ってください。
その理由は、中古は耐久性が低くて壊れやすいからです。
頻繁に修理を任せるかもしれないので、料金が高く設定されています。
このことも理解して、コピー機を新品で購入するのか中古にするのか決めましょう。